"100兎追えば1兎くらいは得られる"

「賢くない分、行動する。」がテーマです。「あんなバカでも頑張ってるし、頑張ってみるか」と思ってもらえれば幸いです。

Matcherとは?

Matcherとは?

Matcherというアプリをご存知でしょうか?

簡単に言うと、就活生と社会人のマッチングアプリです。

使ってみたら素敵すぎたので紹介していきます!

就活に1番大切なのは、「多くの人と出会う」ことだと思っています。

僕の場合は会いたい!と思った人は、数珠つなぎで紹介してもらっていました。

それによってたくさんの方にお会いすることができましたが、やはり大変...

 

このアプリを使えば、会いたい業種や経歴の方にピンポイントで会うことができます!

(僕がこのアプリを知ったのは、内定の2日後でした...笑)

使い方

①条件に合う社会人を検索します。方法は2つ。

 

・条件から探す(フリーワード/業種/職種)

f:id:gakumaru_hr:20170710001130p:plain

・一覧から探す

f:id:gakumaru_hr:20170710000858p:plain

 

②気に入った人のプランをクリックする!

f:id:gakumaru_hr:20170710003448p:plain

 

③プランとこの人について(プロフィール・経歴・レビュー)を読むことができます。

f:id:gakumaru_hr:20170710003623p:plain


④その人が気に入った場合は「このプランに申し込む」をクリック!


⑤マッチングした場合は、その人と連絡を取ることができます。

余程のことがない限り、拒否されることはないかと...笑


⑥連絡を取り、直接会ったり、LINEしたりなど自由に就職相談してください!

学生と社会人にどのようなメリットがあるのか

【学生】

  1. 自分の興味のある業界や企業について深く知ることができることができる。
  2. OB訪問を通して自己分析が深められる。

 

【社会人・内定者】

理由は人によって違うと思います。

僕の場合は...

  1. 自分自身の就職活動や初心を忘れないこと。
  2. 社会人との出会いでのインプットをアウトプットする場として活用できること。
  3. 次世代に貢献したいと強く願っている。

以上の3つを掲げてMatcherで相談にのっています!

Matcherの課題

「就活相談にのるので○○してくれませんか?」という社会人に対して、学生が交換条件で何かするというのが魅力の1つでもあるのですが、少し変わった依頼をすると学生が申し込みしてこないという現状もあります。

 

「就職相談にのるので、1時間だけじっくりお話しましょう!」

「就職相談にのるので、短時間で徹底的に自己分析しましょう!」

 

など、僕は学生に何かをしてもらうというより、自分の成長のために利用しているのですが、

 

「就職相談にのるので、一緒に釣りに行きませんか?」

「就職相談にのるので、大学で一番面白い人を紹介してくれませんか?」

 

など少し変わった依頼でのマッチングが増えれば面白いなという風に感じています。

 

また、「○○するので、就職相談にのってください!」

という学生からの売り込みも面白そうだなと考えています。

最後に

僕自身、出身が地方国立大学ということでOB・OGに頼る機会が少ない中で就活していました。

少しでも同じような経験をしている人の役に立ちたいと考え、Matcherで就職相談を始めました!

 

僕のMatcherはこちらです。


もし興味が湧いたら、就活生は申込みしてみてください!