"100兎追えば1兎くらいは得られる"

「賢くない分、行動する。」がテーマです。「あんなバカでも頑張ってるし、頑張ってみるか」と思ってもらえれば幸いです。

Matcherを1ヶ月使ってみて

Matcherに内定者として登録し始めて、1ヶ月が経過しました。

 

※Matcherの説明はこちらの記事に書いてあります。 

 最初の1ヶ月で申し込みは7件

もう少し来てくれると嬉しいというのが本音です。笑

読み手の気持ちを考えて文章を書いているか。

最初の受信メッセージで学生の印象がわかります。

 

【ポイント】

➡敬語がしっかり使えるかどうか

➡見やすい改行がされているかどうか。

 

僕は1年時から社会人との接点が多く、ビジネスメールの練習ができていました。

 

  1. 「学生 ビジネスメール」と調べて、まずは定型文を真似る。

     2. 身近な大人に自分の表現が間違っていないかなど添削してもらう。

目上の人に「了解です」は使えない など知らないことがたくさん!)

 

これを繰り返すことで、だいぶビジネスメールに抵抗がなくなってきました。

 

何事も経験が大切ですね。

「就活は楽しみ?不安?」

大多数の人が「楽しみ」と答えてくれます。嬉しい限りです。

ただ、このシーズンから動いて、しかもMatcher使ってる人はだいたいそうだろうなって感じです。笑

 

僕は第1志望に内定をもらえた結果も影響しているだろうが、就活がとにかく楽しかった。

 

毎日のように素敵な社会人に会い、様々な考え方を聞き、自分のことを話す。

そして、自分の”新しい一面””価値観”に気づく。

 

インプットとアウトプットを繰り返すことで、

どんどん自分が成長している感覚があり、自信がついていきました。

 

「自分のできること(Can)」がわかり、

「これからしたいこと(Will)」も具体的になってきた。

 

「就職する」というのがゴールではなくなり、

入ってから「あれがしてみたい」という夢や期待でいっぱいになる。

すると自然と、会社に入ることが通過点になり、気持ちも楽になります。

 

「就活を、自分を知ることのできる機会と考え、楽しくやってほしい。」

 

 多くの先輩から学んだことを、僕も後輩に引き継いでいきたいと思います。

 

次回からはこれまでの4人の学生とどんな話をしたのか、振り返っていきます。

 

僕のMatcherは以下のリンクからアクセスできます!

 

もし興味が湧いたら、就活生は申込みしてみてください!