"100兎追えば1兎くらいは得られる"

「賢くない分、行動する。」がテーマです。「あんなバカでも頑張ってるし、頑張ってみるか」と思ってもらえれば幸いです。

OB訪問って スーツ? 私服? 【女子/都内私立大学/留学】

 初めてのMatcherは渋谷のカフェに集合でした。

OB訪問ってスーツ?私服?

会って一番衝撃的だったことは、彼女が”スーツ”を着ていたこと。笑

私服で良いよ!って言ってあげなかった僕のミスです...

僕も就活当初は迷いました。早くも初心を忘れかけていた...

 

結論からいうと…

説明会やOB・OG訪問など 迷った場合はスーツで行ってください!

なので彼女の対応は正解だと思います。

 

「服装で落とす会社なんて、こっちから願い下げだ!」と強気で臨める人は、

私服でも構いません!⬅こんな人に憧れます。笑

※実際、OB・OG訪問は服装重視してないと思いますけどね。カジュアル過ぎると問題ですけど。笑

 

僕はビビリなので服装の指定がない限りはスーツにしていました...

 

選考などが始まると、自然とスーツを着る機会が多くなるので、

ネクタイの結び方などの練習期間と思ってください。

業界の絞り方がわからない➡消去法!

彼女からの質問は「業界をどうやって絞りましたか?」というもの。

「これだ!と思える業界がまだないんです...」  わかる。すごくわかる。

 

行きたい業界は”消去法で削っていくもの”だと考えています。

 

1.まずはどんな業界があるか調べる。

業界地図を愛用していました。

この本には170以上の業界における

現在の業界規模・各社の売上などの現状をわかりやすくまとめてくれています。

f:id:gakumaru_hr:20170712222658p:plain

「会社四季報」業界地図 2017年版
 

 

2. 自分の中で「ここはないな」と思う業界を削る。

ここで大切なのは”なぜないと思ったのか”ということです。

僕の場合、同じことをコツコツやることが苦手だったので公務員は諦めました。

このように”自分の性格と業界が一致していないこと”を確認するのが大切です。

➡これをする為にも「自分を知る=自己分析」が必要になってくるのです。

(※自己分析についてはまた別の機会に。)

 

3.迷ったらインターン・説明会・OB・OG訪問!

「この業界は削るほどの理由はないな...」と迷ったら、まずは触れてみることです。

インターネットで探せば何でもでてきます。

それこそMatcherを使えば、ほとんどの業種の人と会うことができます。


会ってみると会社の雰囲気は掴めます。

わからなかった時は、

「僕はこういう性格なんですが、やっていけそうですか?」って質問してました。

 

このシーズンから動いているからこそある”時間”という武器を最大限活かして

色んな人に会ってみましょう。

 

この作業を繰り返すことで、

自然と業種が削れ、ここだ!という業界が見つかることもあります。

 

この手順で、ES提出が始まる3月には、僕は本命の業種は3つに絞れていました。

 

是非、お試しあれ!

 

【次回「留学経験の活かし方」に続く】

 

僕のMatcherは以下のリンクからアクセスできます!

もし興味が湧いたら、就活生は申込みしてみてください!